Dr.にゃんすいはネコちゃんの腎臓病も防ぐ!?

ネコちゃんの病気を防ぎたい!

ネコちゃんと一緒にいて、

一番不安なことは、やっぱり「病気」のこと。

 

ネコちゃんは、ワンちゃんに比べると、

長生きすると言われています。

 

それでも、

ネコちゃんの免疫力が落ちたり、

過度なストレスがたまると、

人間同様に病気にかかりやすくなります。

 

 

ネコちゃんの恐ろしい病気は、様々あります。

 

その中でも、発症するネコちゃんが多いのが、

腎臓系(じんぞう)の病気です。

 

ネコちゃんは全体的に肝臓が弱いため、

腎臓病を発症する確率が高いのです。

 

7歳以上のネコちゃんの3割〜4割が、

腎臓病を発症すると言われています。

 

なぜネコちゃんが腎臓病を発症しやすいのか、

その原因はまだ解明されていません。

ネコちゃんの恐ろしい腎臓病

腎臓病と一言で言っても、

症状は様々です。

 

まだ未確認の病気から、

難病指定の病気など、たくさんあります。

急性腎臓病 きゅうせいじんぞうびょう-
どんな病気?
腎臓の機能が急激に低下してしまい、
体の中から老廃物を排出できなる病気です。
急性ということもあり、1日で急に悪化します。
「急性腎臓病」は、こんな症状が発生します。

  • おしっこの量が少ない
  • 口臭がある
  • アンモニア臭がする
  • 嘔吐
  • 痙攣を起こす
  • 体温が下がる
  • 食欲不振

 

慢性腎臓病 -まんせいじんぞうびょう-
どんな病気?
腎臓の機能が時間をかけて低下してしまい、
体の中から老廃物を排出できなる病気です。
「慢性腎臓病」は、こんな症状が発生します。

  • 体重減少
  • 便秘
  • 元気がない
  • 疲れやすい
  • 嘔吐
  • 下知
  • 多飲多尿
  • 貧血

 

尿路結石 -にょうろけっせき-
どんな病気?
尿管に、石の結石がたまってしまう病気です。
「尿路結石」は、こんな症状が発生します。

  • 無症状が多数
  • うずくまっている
  • いつもより元気がない
  • おしっこが出ない

 

腎臓腫瘍 -じんぞうしゅよう-
どんな病気?
腎臓に、腫瘍ができてしまう病気です。
「腎臓腫瘍」は、こんな症状が発生します。

  • 食欲不振
  • だるくてずっと寝ている
  • 多尿
  • 発熱
  • 元気がない

この症状が悪化すると、下痢と嘔吐を頻繁にします。
さらに悪化すると、胃や腸にも腫瘍ができる可能性があります。

 

高窒素血症 -こうちっそけつしょう-
どんな病気?
老廃物の排出ができず、
体の中に蓄積してしまう病気です。
「高窒素血症」は、こんな症状が発生します。

  • 尿が少ない
  • 運動を嫌がる
  • 食欲がなくなる
  • 下痢か便秘の繰り返し
  • 口臭がきつくなる
  • アンモニア臭がする

 

腎盂腎炎 -じんうじんえん-
どんな病気?
腎臓と尿管の間の「腎盂」に炎症が起きて、
腎臓の停止を引き起こす病気です。
「腎盂腎炎」は、こんな症状が発生します。

  • おしっこが濁る
  • おしっこの匂いが強くなる
  • 食欲がなくなる
  • 熱が出る
  • ぐったりする
  • 体中が痛い

 

多発性嚢胞腎/PKD -たはつせいのうほうじん-
どんな病気?
腎臓に腎胞がたくさんできてしまい、
肝臓が膨れて腎不全を起こす、
難病指定されている病気です。
「多発性嚢胞腎」は、こんな症状が発生します。

  • 疲れやすい
  • 運動を嫌がる
  • 食欲不振
  • 多飲多尿
  • 体重減少

 

この記事を書いていても、

ぞくっとするような、恐ろしい病気…。

 

うちの子が、病気になってしまったら…。

とても不安になりました。

特にかかりやすい病気は?

この中でも特に多い病気が、

  • 尿路結石
  • 慢性腎不全

です。

 

この2つ、かかりやすいと言われているのに、

早期発見が難しい病気です。

 

「尿路結石」は、

最初は症状が出ないネコちゃんが多く、

「慢性腎不全」は、徐々に悪化していきます。

 

最初は、症状がわかりにくいのです。

ただ、体内で病気は確実に進行しています。

気付いた時には悪化している…。

 

 

そのため、

普段からネコちゃんをよく見て、

小さな変化に気づくことが大切です。

 

そして、

普段から病気を防ぐことが重要になります。

 

ちょっとでも、

「様子がおかしいな?」と思ったら、

病院ですぐに見てもらいましょう。

 

一晩寝て、

症状が和らいでも、自己判断は禁物です。

 

素早い行動が、

ネコちゃんの辛い病気を、

早期発見できる可能性があります。

病気を防ぐためにできること

 

治療法が見つかっていない病気もあるので、

普段から気をつけていても、

完全に病気を防ぐのは、難しいことです。

 

それでも、

普段の生活のおかげで、

元気になる可能性もあります。

 

悲しいことが起きる前に、

何ができるのか…!

 

食事ひとつ、

ネコちゃんの負担にならないように、

安全・安心なものをあげることが、

病気予防にもつながります。

 

ネコちゃんが元気でいれるために、

できることを考えました。

 

ネコちゃんのためにできること

  • 人間のご飯は絶対にあげない
  • おやつをあげすぎない
  • 睡眠をたくさんとれる環境を作る
  • おうちはいつも清潔に
  • 定期的に健康診断に行く
  • いつでも新鮮なお水を用意
  • 大人ネコちゃんは低タンパクのご飯

 

この7つは、

飼い主さんの心がけでできることですね!

 

さっそく、始めていきましょう♫

 

 

うちの水道水の水は、安全かな…?

いや、カルキ臭いから私は飲まない…。

 

そんなものをネコちゃんに飲ませていた…!

 

これは良くない…!

と、ネットで見つけたのがDr.にゃんすい。

 

あとで後悔しないために

できることを始めませんか?

 

「はいっ!!!」

この言葉が響きました。

 

大切なネコちゃんを、

病気になんかさせるか‼︎

 

これで、私はDr.にゃんすいを始めました。

 

「Dr.にゃんすい」の公式HPはこちら!

 

このサイトで紹介している、

「Dr.にゃんすい」も病気予防に良い!

と、言われているお水です。

 

Dr.にゃんすいはこちらで詳しく紹介!

「Dr.にゃんすい」はどんな水素水?

 

ネコちゃんが元気に長生きするために、

病気の予防の一環として、

Dr.にゃんすいを始めてみては、

いかがでしょうか!?

 

ネコちゃんが、

これからもすくすく元気に育ちますように…♥︎

 

Dr.にゃんすいを始めたい!
注文から到着まで教えて!

Dr.にゃんすい購入から到着まで!

Dr.にゃんすい購入から到着まで!  に進む

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Dr.にゃんすいをお得に買いたい!

「Dr.にゃんすい」って!?

Dr.にゃんすいはどんな人が使ってるの?

Dr.にゃんすいと他社の水素水を徹底比較!

Dr.にゃんすい購入から到着まで!

Dr.にゃんすい購入前&購入後のQ&Aまとめ